美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

ポリフェノールはダイエットの救世主?


効果的に体重を落とし、スリムな体型を作るには
食事制限や有酸素運動も大切ですが
1日のエネルギーの消費量に関ってくる
代謝を上げることが重要になってきます。
今回は、ポリフェノールと代謝、
ダイエットの関係を考えていきます。

①ポリフェノールは優れた栄養素?
ポリフェノールは強力な抗酸化作用を持ち、
病気の元になる活性酸素を抑制する働きや
血流をよくする働きがあります。
また、カップラーメンやファーストフードなどの
質の悪い油の摂取により
体内に蓄えられた油分の酸化を防ぎ、
毒素を排出する役割があります。
体内のデトックス効果や腸内環境を整え、
代謝上げるのにも一役買っています。
参考
よく耳にする、デトックスって何?
ファーストフード店の揚げ物はダイエットの敵?
胃腸の働きとダイエット
代謝のいい生活、悪い生活
代謝が落ちるとどーなるの?

②ポリフェノールが含まれるの食品は?
ポリフェノールは色素成分として
食品に含まれるため、摂取が比較的楽です。
飲み物でいえば
赤ワイン、緑茶、ココア等。
果物なら
ブルベーリー、ブドウ、イチゴ、りんご等。
野菜ならば
玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、黒ゴマ等。
また、メバル、キンメ、カニ、海老等の
魚類や甲殻類にも多く含まれています。
これらの食品なら日常、
家で作る料理にも
出てくる出番が多いので意識すれば
たくさん摂取できます。
参考
食事で老化を防ごう~活性科酸素と抗酸化物質の関係~

③ダイエット中はリンゴを積極的に摂ろう!!
リンゴに含まれる「リンゴポリフェノール」は
体内に余った中性脂肪やコレステロールを
減少させる効果があります。
また、リンゴポリフェノールは体内での
脂肪の吸収と合成を防ぐと同時に
体内での脂肪燃焼(代謝)を促進する効果も
あります。
さらにリンゴポリフェノールには
筋収縮に関るホルモンを刺激するので
筋力増強作用もあることが
最近わかってきています。
筋トレで肉体改造している人も
積極的に摂取したいですね。
一時期流行った、リンゴダイエットは
このリンゴポリフェノールのチカラを利用した
ダイエット法だと思います。

スポンサーリンク


上記よりポリフェノールには
代謝を上げるだけではなく、健康促進にも
効果的であることがわかりました。
ダイエット中に
アルコールを飲むならビールよりも赤ワイン。
(赤ワインに含まれるフラボノイドは
 動脈硬化抑制にも効果があります)
また、果物を食べるならリンゴ。
リンゴはガリガリとよくかんで食べるので、
満腹中枢が刺激されやすく
食事の量をコントロールしやすいメリットも
あります。
参考
内臓温度と基礎代謝の関係
食べ過ぎは、翌日にリセットすれば太らない?
脂肪を減らすプランを立てよう~筋トレ編~
脂質+糖質のセットは、最強のデブ食!!
筋肉をつけると、どれくらい基礎代謝がアップする?
間食を味方につけるのが、ダイエット成功の鍵!?
なんで満腹まで食べちゃ駄目なの?
なにを食べる?ダイエット中の食事
あまり食べてないのに太るのは何故?
太りにくい食べ方。抑えておきたい4つのポイント