美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

食事の摂り方とダイエット


食事のとり方やタイミング、
ちょっとした工夫などで
摂取カロリーを抑え、
ダイエットの効果を
上げることができます。

①早食いは肥満の原因
食事を噛んで消化する咀嚼回数と
満腹感は関連しており
よく噛むことで満腹感を得れます。
食事をとり血糖値が上昇すると
満腹中枢が刺激され脳から
「もう食べなくていいよ」と指令がでます。
よく咀嚼することで早い段階で
この状態にすることができます。
逆に早食いをした場合なかなか満腹中枢が
刺激されないため
ついつい食べすぎてしまうのです。
一般的に咀嚼回数は20~30回、
食事時間は20~30分かけて
ゆっくり食べるのが理想とされています。

②見た目のボリュームも大事
食事をするとき見た目のボリュームがないと
食事に満足感が得られず
いつのまにかたくさん食べてしまいます。
そこで、野菜や海草などの
食物繊維が多く含まれボリュームが
でるような食物を食事に混ぜたり
茶碗を小さめにして
同じご飯の量でも大盛りなるように
することで上手にボリュームを
コントロールしましょう。
インスリンとの上手なつきあい方でも
書いたように野菜や海草などの食物繊維が
多く含まれる食物はインスリンの上昇を
抑える効果もあるので
うまく利用してください。

③寝る前の食事は肥満の元
昼間活動している時は交感神経が活発に働き
エネルギーをたくさん消費します。
逆に寝ている時は、副交感神経が活発になり
内臓の消化吸収率が上がります。
つまり寝る前に食べたものは
内臓が無駄なく吸収し、脂肪が蓄積される
可能性が高くなります。
就寝の3時間前までになるべく食事を
済ませるようにしましょう。
また、就寝時に胃袋からにしておくことで
胃腸を休ませる効果もあるので
是非実践してみてください。

まとめ
食事は見た目のボリュームも大事。
よく噛み、ゆっくり食べる。
寝る前に食べない。
こんな簡単な仕組みさえ
理解するだけで驚くほど
ダイエット効果が上がるでしょう。
参考
夜食が太る理由を教えて?
夜のドカ食いを防ぐ方法
なんで満腹まで食べちゃ駄目なの?
プロテインで体重をコントロールできる?
女をブスにする?極端な食事制限
胃腸の働きとダイエット
冷えた食事は太りやすい?
膵臓とインスリンとダイエット