美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

食事で老化を防ごう~活性科酸素と抗酸化物質の関係~


活性酸素という物質をご存知ですか?
人間は、食事から摂取した栄養素を
呼吸によって取り入れた酸素を
使ってエネルギーに変えています。
その際、化学反応によって
活性酸素が発生します。
活性酸素は殆ど水になって
体外に排出されますが
少しだけ体内に残ります。
活性酸素の働きとして殺菌して
カラダを守る役割がありますが
加齢やストレス、過労などの影響により
体内での除去量を超えてしまうと
老化を促進させるように
なってしまいます。
また、老化だけではなく、動脈硬化、
脳梗塞、心筋梗塞、ガン、糖尿病
といった生活習慣病から痴呆まで
様々病気を引き起こす原因になると
言われています。

この活性酸素に対抗する成分が
抗酸化物質です。

①ビタミンEを摂ろう
ビタミンEは血液中の酸化された脂質を
分解し血液をサラサラにしたり
ホルモンの材料になって更年期の
カラダの不調を和らげる作用もあります。
アーモンドやピーナッツなどの種実類、
かぼちゃ、うなぎ、だいこんの葉などに
多く含まれています。

②ビタミンCを摂ろう
キャベツやブロッコリーなどの野菜、
ミカンやレモン、グレープフルーツなどの
柑橘系の果物、またキウイフルーツにも
多く含まれていて、ビタミンEを助けて
抗酸化作用をパワーアップさせる
働きがあります。
ビタミンCとEは一緒に摂ると
より効果的にききます。

③カロチンを摂ろう
ニンジンやほうれん草などの
緑黄色野菜に多く含まれるカロチンは
ビタミンEと同様、
血液中や細胞膜で活躍します。
また、その他の抗酸化物質と一緒に摂ると
効果が増します。

④ポリフェノールを摂ろう
抗酸化作用でおなじみのポリフェノールは
赤ワイン、チョコレート、ココア、
カカオ、小豆などに多く含まれています。
また、ポリフェノールの一種である
カテキンは、緑茶、紅茶、
ウーロン茶などに多く含まれています。
①~③より摂取が簡単なのでおすすめです。

その他、抗酸化物質以外での
老化を防ぐというものでは
カルシウムやたんぱく質も忘れずに。
日本人は慢性的にカルシウムが
不足しているといわれています。
一日コップ一杯でもいいので
牛乳を飲むようにしましょう。
乳製品が苦手な人や
カロリーが気になる人は豆乳などの
大豆製品でも補えるで
こちらでもかまいません。

筋肉を増やす食事やダイエット中の食事、
抗酸化物質の含まれる食事。
軽く考えただけでも凄い量の
品種になってしまいます。
毎日、これらを摂るのは
かなり難しいと思うので
マルチビタミンやプロテイン、
野菜ジュースなどのサプリメントに
頼るのも手だと思います。
参考
ヨーグルトで胃腸は元気になるの?
ポリフェノールはダイエットの救世主?
なんで満腹まで食べちゃ駄目なの?
女をブスにする?極端な食事制限
太りにくい食べ方。抑えておきたい4つのポイント
自律神経の乱れが、代謝を下げる?
筋トレと若返りの効果