美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

適度な運動は脳にも効く?


運動が脳にも好影響を
与えることを知ってますか?
ダイエットや健康維持、
肉体改造のためにおこなっている
ウォーキングやジョギングなどの
有酸素運動や筋トレなどの無酸素運動。
カラダだけではなく
脳にも色々な作用を与えています。
運動と脳の関係を考えていきましょう。

①運動で脳に溜まったストレスを排除
毎日、色々なストレスを受けて
カラダだけではなく脳も疲労しています。
体内に溜まったアンモニアという
疲労物質が脳の中枢神経を刺激して
疲れを感じてしまいます。
この疲れをとるには
休むよりも運動が効果的です。
運動をすることで血流がよくなり
アンモニアがスムーズに肝臓に送られ
カラダの外に排出されます。
また、たくさんの糖や酸素が脳に運ばれ
スッキリとリフレッシュします。

②脳の活性化にも運動がきく
疲労回復に限らず
脳を活性化させるために運動は効果的です。
「手足を動かせ」と指令を出すとき
脳の血流は大幅にアップします。
運動するということは
脳を使うということにつながります。
この際、大腿四頭筋や
ハムストリングスなどの
大きな筋肉を動かす程
脳への刺激も高まります。
ジョギングなどはお勧めです。

③運動は記憶をつかさどる海馬にもきく
筋トレや有酸素運動を
定期的におこなうことで「海馬」という
記憶に関係する神経細胞が
増えることがわかっています。
特に、リズムをとりながらの
運動が効果的だといわれています。
例えば、リズムとってのジョギング、
食物やガムを一定のリズムで
噛むなどが挙げられます。このような動作を
定期的に生活に取り入れると、
痴呆などにも効果的な「
セロトニン作動性ニューロン」
という神経細胞が活性化します。
ダイエットに限らず定期的な運動は

脳にもにいいことがわかりましたね。
また、運動をすることで
「自分のカラダをコントロールしている」
という充実感が得られ
ストレス解消にも非常に効果的です。
参考
ジョギングの効果は脂肪燃焼だけじゃない?
運動や筋トレで骨は強くなる?
筋トレをすると動脈は硬くなる?柔らかくなる?
ストレス太りは実在する!?
イメージ力を鍛えよう
食事で老化を防ごう~活性科酸素と抗酸化物質の関係~