美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

お一人様の食事は太りやすい?


会社の昼休みはひとりランチ、
夕食もコンビニ弁当でひとりディナー。
食事はいつも一人で食べているという方、
けっこういると思います。
でも実は、孤独に生活することは
肥満につながるんですよ。

今回はお一人様の食事とダイエットを
考えていきましょう。

①ひとりでむっつり食べるのはダイエットの敵?
食事をどのように食べようと
体内に入ってしまえば効果は同じと
考えるのは誤りです。
食事はおいしく楽しく食べないと
エネルギー消費が低くなってしまいます。
この理由は自律神経が大きく関ってきます。

②自律神経とDIT(食事誘導性体熱産生)の関係
ご飯を食べると、その全てのエネルギーが
カラダに吸収されるわけではありません。
食物を噛んだり、胃腸で消化される際に
その一部が消費されます。
これをDIT(食事誘導性体熱産生)
と言いいます。
食事を楽しんで食べると、おいしいさや熱、
冷たさ、舌触り、香りなどが
脳への刺激になって、
自律神経(交換神経)が活性化します。
その結果、DITを高めることができます。
逆に「まずい」とか「しかたなく」などで
水で流し込むように食事をすると、
食事中に消費されるカロリーが
下がってしまうのです。

③一人ご飯は、モナリザ症候群を招く危険性も?
モナリザ症候群と言うのは
アメリカの学者が提案した言葉で
「肥満者の多くは交感神経の
 働きが低下している」
という日本語訳になります。
つまり、太っている人は交感神経の働きが
鈍っているので代謝が落ちて、
食べすぎなくてもエネルギーが余って
太ってしまうのです。
自律神経系は、非常に複雑なので
一概には言えませんが、
②のような食事の方法をしていると、
太る危険性があがるということです。
あなたがなかなか痩せられない原因は、
自律神経の異常にあるのかもしれません。

参考
ストレス太りは実在する!?

自律神経の乱れが、むくみの原因に?
内臓温度と基礎代謝の関係
冷えた食事は太りやすい?
自律神経の乱れが、代謝を下げる?
代謝のいい生活、悪い生活