美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

アイスダンベル・エクササイズって何?


「アイスダンベル・エクササイズ」とは、
凍らせたペットボトルなどを
ダンベル代わりにして、
両手に持って行うエクササイズです。
普通の鉄のダンベルを使うよりも
エクササイズ効果が高いのも特徴です。

①アイスダンベルのメリット
手先を急激に冷やすとカラダは
体熱産生を上げて温めようとします。
そうやって熱を作り出す
エネルギーを利用して効率よく
代謝を高めることができるのです。
また、冷たいダンベルを握ることで、
全身の筋肉が緊張し、
鍛えている筋肉が意識しやすくなります。
つまり、筋トレの効率と脂肪燃焼率を
同時に上げられる優れものです。

②アイスダンベルは冷え性にも効果的?
アイスダンベルで手先を冷やすと
抹消血管が収縮し一時的に血流が滞ります。
その後、アイスダンベルを離すと
血液が勢いよく流れ出し、
指先などの毛細血管にまで血液が行き渡り、
血行がよくなります。
これにより、
全身の冷えが解消されやすくなります。
冷え性の人は、もともと代謝が悪く、
運動しても汗をかきにくいので、
アイスダンベルで血流をよくしながら、
エクササイズを行うと、
運動効果を高められます。

③アイスダンベル・エクササイズのやり方
・アイスダンベルを両手で強く握ったら
 冷たさに堪えられなくなるまで、
 素早くリズミカルにカラダを動かします。
(20~30秒が目安。)
・冷たさに堪えられなくなったら、
 いったんアイスダンベルを離し、
 手に温度が戻るまで休憩します。
 (30秒くらいが目安)
以上を、1エクササイズにつき
3~5回繰り返します。
基本的な動きは、
普通のダンベル・エクササイズと同様です。

アイスダンベルの作り方は、簡単。
ペットボトルを2本用意
(自分のチカラにあったサイズ)、
水は凍らせると膨張するので、
9分目くらい入れて
冷凍庫で一晩凍らせるだけです。
また、エクササイズ中に
冷たさに堪えられない時は、
無理せずアイスダンベルを置くように。
冷やしすぎは禁物です。

参考
ダイエット目的のエクササイズはどれくらいやればいい?

女性の筋トレにまつわるエトセトラ
筋トレ効果を上げるには、たくさんの種目をこなした方がいい?