美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

太りにくい食べ方。抑えておきたい4つのポイント


食事は、人間が活動していくためには
かかせません。
しかし、太りやすい食べ方があるように、
太りにくい食べ方もあります。
太りにくい食べ方を上手に利用して
ダイエット効果をあげましょう。

①朝食は多めに食べても太らない
睡眠は言ってしまえば長時間の絶食です。
つまり、起床時は体内のエネルギーが
不足気味になっています。
朝食は、食べたものが即エネルギーに
変わり体温も上がるので
脂肪になりにくいので、
多少を多めに食べても太りません。
逆に、朝食を抜いて
絶食状態をキープすると、
脂肪を溜め込みやすい
省エネモードになってしまいます。

②なんとなく食いを止める
お腹はたいして減ってないのに、
時間がきたから食べる、
手や口が寂しくてついついお菓子を食べる、
残すのがもったいないから最後まで
食べきるなどは脂肪になる原因です。
お腹が空いていなければ無理して
食べる必要はありません。
ご飯を残すのは、もったいないですが、
脂肪を溜め込むよりはマシです。

③睡眠中はそんなにエネルギーは必要ない
睡眠中は消費エネルギーが極端に落ちます。
つまり寝る前の食事は、
体脂肪になりやすいということです。
極端に夕飯の量を減らす必要はありませんが
ダイエット中はご飯を
半膳から1善減らすといいでしょう。
また、夕飯の時間を1~2時間早めると、
睡眠中に無駄なエネルギーが
脂肪に変わりにくくなります。

④満腹感がやってくるのは、時間がかかる
食事中、おいしそうなものがたくさんあると
ついつい満腹まで食べてしまいます。
満腹感は、食べたものが
消化・吸収されてからやってくるので、
時間がかかまります。
つまり、食事中に満腹感を
感じるような食べ方は、
食べ過ぎているということになります。
ゆっくりとよく噛んで食べれば、
たくさん量を食べすぎなくて済むので、
ダイエットに効果的です。

ダイエットはいかに食事を
コントロールするかが一番重要です。
食事の食べ方を少し工夫するだけで、
体脂肪は確実に減少し、
思った以上に体型を変える事ができます。
参考
脂肪1キロ落とすには何カロリー必要?
なに食べる?ダイエット中の食事
食事のとりかたとダイエット
インスリンとの上手なつきあい方
飲酒と脂肪の関係