美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

ほんとに痩せる?噂の低インスリンダイエット


jpg
血糖値を急上昇させない食事して、
しっかりと食べながら痩せる
低インスリンダイエット。
でも、果たしてこの方法は、
正しいダイエット方法なのでしょうか?
今回はこの低インスリンダイエットの
注意点と嘘・本当を検証していきます。

①そもそもインスリンって何?
インスリンとは、食事によって上昇した
血糖を細胞に摂り込ませて、
血糖値を下げる働きをするホルモンです。
血糖の摂り込まれる主な行き先は
「筋細胞」と「脂肪細胞」です。
筋細胞に摂り込まれると、
その場でエネルギーとして使われるか、
筋グリコーゲンという形で
エネルギーの蓄えになります。
脂肪細胞に摂り込まれると
脂肪に合成されます。
筋グリコーゲンが十分に
満たされている状態で血糖値が上がって
インスリンが作用すると、
糖質の行き先は脂肪細胞となり、
体脂肪の合成が進みます。
「甘いものや糖質の摂りすぎは太る」
といわれるのはこのためで、
インスリンが肥満の
元凶にされているわけです。
参考
インスリンとの上手なつきあい方

②低インスリンダイエットの仕組みを教えて
インスリンがたくさん出るような
GI値(グリセミック指数:糖質の吸収速度を示す指数)
の高い甘いものをできるだけとらずに、
玄米などのGI値の低い食品を選んで摂る、
もしくは糖質そのものの摂取量を
抑えることでインスリンの分泌を低く抑えて、
脂肪の合成を抑制しようというのが、
低インスリンダイエットの基本的な考えです。

③激しい運動後は、糖質たくさん摂れる絶好のチャンス
「糖質が太るから摂らない」
というのも問題で、
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動
筋トレなどの無酸素運動をしている人には、
糖質は絶対に必要になってきます。
激しい運動後は、筋グリコーゲン不足になり
糖質を摂らないと疲労が回復しません。
うれしいことに、運動直後はインスリンが
糖質を脂肪細胞ではなく、
筋細胞に送り込もうと積極的に作用します。
つまり、運動後はたくさん糖質を摂っても
太らないということになります。

④インスリンが筋肥大を促す?
筋肥大のためには、筋トレ後に速やかに
たんぱく質の摂取が必要になります。
この時プロテインと同時に、
糖質を摂ると筋肥大の
合成反応が促進されます。
糖質を同時に摂ることで、
インスリンが作用して、
筋肉へのたんぱく質の摂り込みと、
筋たんぱくの合成を活性化してくれます。

他のダイエット法に比べて、
安全かつ健康的に体重を落とせるのが、
低インスリンダイエットのポイントです。
食べるタイミングや食べるものを
ちょっと工夫するだけでいいので
お勧めのダイエット法だと思います。
低インスリンダイエットのやり方を教えてに続く。

参考
脂肪には善玉と悪玉がいます
代謝のいい生活、悪い生活
脂肪もカロリー消費するって知ってた?
脂肪を減らすプランを立てよう~有酸素運動編~
脂肪を減らすプランを立てよう~筋トレ編~