美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

間食を味方につけるのが、ダイエット成功の鍵!?


実は、間食=太るではないんです。
脂肪の蓄積率が低い時間を狙って、
間食すれば太りません。
むしろ、空腹を我慢し続ける方が
肥満につながる可能性が上がります。
今回は賢い間食の仕方を
考えていきましょう。

①何故、間食が必要か?
前の食事から次の食事までの空きが長いと
空腹時間もそれに伴い、長くなります。
つまり、カラダは長時間の
栄養不足の状態になります。
そのタイミングで次の食事をすると、
インスリンが急激に上がり、
カラダは脂肪を溜め込もうとします。
また、カラダの栄養不足は、
無駄なエネルギーを使う筋肉(基礎代謝)を
積極的に溶かして、
エネルギーにしてしまいます。
さらに一番怖いのは、空腹時間が長いと、
ドカ食いをしてしまう可能性も
高まるということです。

②間食に最適な時間は?
膵臓の働きが活発になる夕方は、
脂肪蓄積率が低くなります。
このタイミングで間食をすれば、
太りにくいということになります。
ただし、
なんでも食べていいというわけではなく、
カロリーと栄養を考える必要があります。

③間食をするべきか、しない方がいいのか考える
昼食の量、夕食の時間、
夜の活動量などが判断基準になってきます。
例えば、昼食はおにぎり1個しか食べてなくて
確実に終電まで残業をするのが
決まっていれば、夕方にバナナ一本程度の
間食は摂るべきです。
しかし、昼食はおにぎり1個でも、
確実に定時で上がれて、
19時頃までには、夕食を食べられるならば
間食は必要ありません。

④間食の内容はどーすればいい?
糖質がメインで、
脂質は少なめにしてください。
糖質は、速効性のあるエネルギー源のため、
摂りすぎなければ、脂肪になりません。
逆に、脂質は直接的に
脂肪蓄積に働きかけるため、
控えたほうがいいでしょう。
マヨネーズや油を大量に
使っている菓子パンではなく、
おにぎりやバナナなどの
糖質メインの食材を選ぶといいでしょう。

間食は必ずしも必要なものではありません。
全体の食事のバランスをみて、
空腹時間と栄養を調整するためのものです。
うまく利用すれば肥満防止にも役に立ちます。

参考
食事の回数を増やすと筋肉も増える?
ほんとに痩せる?噂の低インスリンダイエット
低インスリンダイエットのやり方を教えて
代謝のいい生活、悪い生活
太りたい