美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

胃腸の働きとダイエット


食べたもの消化、栄養素の吸収、
免疫力の維持などの
胃腸の働きは生命維持にかかせません。
胃腸を正常な状態に保つことが、
食欲を正し、体調を整えるばかりか、
ダイエットにも深く関係してきます。

①胃と食欲の関係
食欲には満腹中枢、
摂食中枢というスイッチがあり、
血糖値の変動や胃の拡大・縮小によって、
オンとオフが切り替わります。
通常、血糖値は食事を始めて
20分ほどで上昇し、満腹中枢が刺激され、
食べるの続けることにストップをかけます。
しかし、「早食い」をした場合、
なかなか満腹感が得られないばかりか、
血糖値が急上昇・急下降するので、
胃は食欲を増加させるホルモンを出し、
「もっと食べろ!!」と指令を出します。
つまり、「早食い」が
「食べ過ぎの原因」になるということです。

②食べ過ぎを続けると胃が大きくなる?

基本的には、食事で胃が大きくなるのは
一時的なことで、空っぽになればまた、
いつものサイズに戻ります。
しかし、食べ過ぎが続くと、
胃や中枢神経がそれに慣れてしまい、
満腹中枢が鈍る可能性があります。
逆に言えば、ダイエットの初期、
基礎代謝程に食べる量を減らせば、
当然いつもよりも食物が足りないので、
空腹感があります。
逆に、慣れてしまえば少ない量でも
満腹感を得られるようになるということです。

③腸とメタボの関係

腸の働きが鈍り、慢性的な便秘になると、
代謝が低下するためメタボになる
可能性が高まります。
本来、排出されるはずのものが、
いつまでも胃壁に取り付き、
太りやすくなるということです。
これを防ぐ為には、忙しくても朝食は
しっかり摂るようにしましょう。
朝は、副交感神経が優位で、
胃腸が活動しやすい時間です。
このタイミングで食事をすれば、
胃と腸が刺激され、
便通が得られやすいです。

④腸の解毒作用
腸には免疫機能が備わっています。
特に、小腸は多くの
免疫細胞を持っています。
つまり、腸の機能を向上させてあげれば、
肝臓が負担している解毒作業が減るので、
脂肪の予防にもつながります。

基本的には、肝臓の労わり方と一緒で、
胃腸も「腹八分目」を
心がけることが重要です。
また、ゆっくり噛んで食べれば、
食べ過ぎの防止にも繋がりますので、
ダイエットにも効果的です。
参考
肝臓を労わる食事方法は?
肝臓の機能が低下するとどーなるの?
あなたはどっち?肥満のタイプを知ろう
あなたはメタボリックシンドローム?
メタボは下手すれば死ぬ!?