美しく変わる!!シェイプアップメソッド研究所

シェイプアップ、肉体改造、ダイエット、筋トレ等知っておきたい効果的な美ボディへの道。素敵ボディになるために。 基本的なカラダの特性を理解し、効果的に筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とし、 健康的なカラダを手に入れましょう。 当サイトは、有酸素運動+筋トレ+食事制限でおこなう 王道ダイエットを推奨しています。 Let's Karada Design!! Copyright© 2013~  ShapeUpGoGo All Rights Reserved.

女性ホルモンと冷えとむくみの関係


女性の冷えやむくみにも、
女性ホルモンは大きく関係しています。
ダイエット中は、
この冷えやむくみに対処することで、
効率的に脂肪を落とせます。

①女性ホルモンと体温の関係
女性ホルモンのうち、
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、
体温を高める働きがあります。
排卵の後から生理まで、
プロゲステロンの分泌が多い時期は、
高温期といって一月のうちで
体温が高い時期です。
また、妊娠中はプロゲステロンが
多く分泌されるため、
体温が平常時より、
0.5℃くらい高くなります。
参考
女性ホルモンとダイエットの関係

②女性ホルモンと冷えの関係
ストレスなどにより卵巣機能が低下すると、
このプロゲステロンと
エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が
正常に行われなくなり、
血流を調整する自律神経も乱れてしまい、
血液の循環が悪くなり、
冷えという症状を引き起こします。
病院で隠れた病気がないことを
チェックしたら、ほとんどの場合、
女性の冷えは女性ホルモンの
バランスがくずれ、
卵巣機能が低下していると
考えていいでしょう。
参考
あなたはどっち?冷え性のタイプを知ろう

③女性の冷えを防ぐには?
食べ物として、ビタミンBとミネラルが
多く含まれているものを
積極的に摂るようにしましょう。
ビタミンBはエネルギーを
燃やし熱に変えてくれ、
ミネラルは血行を良くする働きがあります。
また、血行を促すには運動が効果的です。
筋肉は第二の心臓といわれるように、
筋肉を活発に動かせば、
全身に血がいきわたります。
ウォーキングやジョギングなど、
軽い有酸素運動か、
出来るならば筋トレをやるといいでしょう。
カラダを温めるという意味では、
入浴も習慣化するようにしましょう。
参考
冷え性は痩せにくい?
冷えた食事は太りやすい?
入浴がカラダにいいのは何故?

④女性ホルモンとむくみの関係
年を重ねることに卵巣機能が低下していき、
女性ホルモンの分泌量も
少なくなっていきます。
さらに、筋力も低下していくので、
体内の循環が悪くなり、
大量の水分が溜まってしまいます。
むくみは、疲れて体調が低下すると
出やすくなります。
また、生理前におこる
月経前緊張症(PMS)の症状の一つであり、
生理前には、むくんで1~2kgも
体重が増える人もいます。
参考
PMS(月経前緊張症)って何?
生理前に体重が増える理由
むくみの原因を探れ
自律神経の乱れが、むくみの原因に?
水太りはどうやったら防げるの?

⑤女性のむくみを防ぐには?
むくむからといって水分を
摂らないのは間違いです。
むくんでいる時こそ、
ミネラルが豊富な水分を補充し、
そして、不必要な水分を排出するために、
汗をかくことが重要です。
一番簡単なのは、入浴。
むくみやすい人の場合は、
運動を習慣化することもお勧めします。
タバコは血流が悪くなるので、
喫煙者はほどほどにしましょう。
また、利尿作用の高いお茶などを
積極的に飲むといいでしょう。
参考;
生理中はトレーニングをしてもいい?
女性の筋トレにまつわるエトセトラ
内臓温度と基礎代謝の関係
30代の女性が太りやすい理由は?